安否確認システム - 株式会社クルウィットト
spacer
spacer安否確認システム - 株式会社クルウィット
spacer

安否確認システム


サイトマップ  
サイトポリシー  
プライバシーポリシー  
Livestats
ソーシャルストリーム
spacer
同窓会支援
同窓会支援
spacer
マネージドホスティング
マネージドホスティング
spacer
インターネット広告
インターネット広告
spacer
開発
開発
spacer
研究
研究
spacer
安否確認システム
安否確認システム
弊社は「安心・安全・安定・信頼」を担保するためのサービスとして安否確認サービスの運用をしていました。

現在は一般販売しておりませんが、自治体及び企業向け等の安否確認システムとして開発を行う事は可能です。
spacer
安否確認サービスの経緯
1995年に発生した阪神・淡路大震災において、電話が混み合い被災者の安否確認に時間が掛かったという経験を元に、インターネット回線を利用して安否確認ができるようにとWIDEプロジェクトにて研究を開始し、IAA (I Am Alive) システムを開発。そして、WIDEプロジェクトメンバーとして様々な活動に参加しました。
その後、幾度も改良を重ねて被災者安否確認システム (Netstar IAA) を完成させ、IAA Allianceの設立メンバーとして実運用を行いました。
現在は東京大学に研究題材としてシステムを提供しています。
システムの稼動実績
WIDEプロジェクト
1996年01月 第1回インターネット災害訓練を実施
1997年01月 第2回インターネット災害訓練を実施
1998年01月 第3回インターネット災害訓練を実施
1998年05月 JAIST, NAIST, 東京大学, 静岡大学, WIDE京都NOC等でIAAシステムの定常運用開始
1998年08月 被災者支援広域情報通信実験を実施
1999年01月 第4回インターネット災害訓練を実施
1999年10月 台湾大地震の発生を受けてIAAシステムの運用を開始
2000年01月 第5回インターネット災害訓練を実施
2000年03月 有珠山噴火の発生を受けてIAAシステムの運用を開始
2000年06月 三宅島・神津島火山噴火の発生を受けてIAAシステムの運用を開始
2001年01月 第6回インターネット災害訓練を実施
IAA Alliance
2001年09月 米国同時多発テロ事件の発生を受けてNetstar IAAシステムの運用を開始
2003年03月 イラク情勢の緊迫化に伴う在外邦人の安否確認支援としてNetstar IAAシステムの運用を開始
2004年10月 新潟県中越地震の発生を受けて新潟県庁と連携しNetstar IAAシステムの運用を開始
2004年12月 スマトラ沖地震の発生を受けてNetstar IAAシステムの運用を開始
お問い合わせ
こちらからお気軽にお問い合わせください。
安否確認システム - 株式会社クルウィット
spacer
  © clwit, Inc.
spacer
spacer
「安心・安全・安定・信頼」できるインターネットサービスを  
spacer
安否確認システム - 株式会社クルウィット